SEO対策の基本、対策自体を大きく2つに分けて紹介します

SEO対策サプリ

SEOの基本

SEOの基本を押さえておきましょう。

SEO対策の種類

SEO対策には大きく分けて2種類の方法があります。2つともSEO対策には必須の項目です。

■ページ内要因
そのページでできるSEO対策の事をページ内要因といいます。自分でサイト内、サーバー内をコントロールする対策のことです。 具体的には、キーワードを埋め込むことであったり、ホームページのソースコードの修正を行ったりと、自身で対応できる対策です。このような作業が、SEO対策上有利に働き、SEO対策のほとんどがこのページ内要因に属すると言えるでしょう。

■ページ外要因
ページの外に対して行うSEO対策をページ外要因といいます。自分ではコントロールすることのできない部分の対策のことです。具体的には、リンクをしてもらうことがあります。大手企業サイトや、個人のホームページに、自分のホームページのリンクを貼ってもらう対策です。ページ外要因に属するSEO対策のほとんどが、このリンクと言えるでしょう。

SEO対策の重要度

上記にもあるように、SEO対策にはページ内要因とページ外要因の2つの種類があります。SEO対策には2つのバランスが大切になってきます。しかし、あえて言うと、ページ外要因が重要度が高いと言えます。ページ内要因は、自分でコントロールするため、ホームページを運営している人なら誰でもこのSEO対策を行っています。つまり、どんなにページ内要因に対策を施しても、他サイトと同じ基準となるのです。 その点、ページ外要因は、難しい対策ではありますが、その対策の評価は高いといえます。

ページ外要因には、リンク数が大きく関わってきます。他サイトに、あなたのサイトのリンクがより多く貼られていると、それだけ評価も上がります。検索エンジンは、リンクを貼ってもらう行為を、その貼ったサイトがあなたのサイトを指示していると見なし、その数が多ければ多いほど、あなたのサイトの重要性を判断します。それによって、評価も上がるというわけです。

また、もうひとつページ外要因でのSEO対策には、ページランク(PageRank)で上位にランク付けをしてもらうことです。これは、Google独自のもので、サイトを独自の基準によって、ランク付けを行うものです。10段階評価であらわされ、より大きい数字のサイトが評価の高いサイトとなります。 そして、そのより高い評価のサイトから、自分のサイトのリンクを貼ってもらうことで、自分のサイトも重要性のあるサイトと見なされるのです。

ただし、SEO対策はページ外要因であれ、ページ内要因であれ、正しく対策を行わないと、スパム行為(不正行為)と見なされ、ペナルティを課せられる場合があります。正しい方法を確かめて行わないと、知らず知らずのうちに、不正を行っているケースもありますから十分注意しましょう。

SEO対策基本のサイト作り

SEOの基本とは、ユーザーの立場にたってサイト作りをすることです。見やすく、内容が把握しやすく、伝えたい情報をしっかり提供するサイトであれば、ユーザーにとってよいサイトと言えるでしょう。デザインと使いやすいサイト作りがおのずとSEO対策につながるのです。 見やすい、使いやすいサイトにするには、どの点に気をつければよいのでしょうか。

キーワードの設定は重要です。実際にユーザーが検索しそうなキーワードを設定しましょう。もし、休暇をとってビーチへ行こうと思ったとき、検索するキーワードは、行きたい地名と、ビーチですよね。すると行きたい地名のビーチがヒットし、その中から選ぶことができます。つまり、ビーチ側は、その検索キーワードを自社サイトのキーワードに設定していないとヒットすることはないということです。

仮に、「さんさんビーチ」というビーチがあるとして、さんさんビーチで検索した場合は、もちろん1位にランクインします。しかし、大事な点は、ビーチに行きたいと思った人が、ビーチで検索した時に、さんさんビーチに辿りついてもらうことができるかどうかです。 ビーチという大きなキーワードだけでは、たくさんあるビーチサイトの中から見つけられる可能性は少ないですが、沖縄という地名を入れることで、可能性はぐっとあがるはずです。大きなキーワードが一番重要ですが、小さなキーワードを入れなかったために、成果の上がらないサイトになってしまってはもったいないですよね。

 

Copyright(c)2008 SEO対策サプリ. All rights reserved.